久米島のバリエーション豊かなダイビングポイント
久米島潜水 ポイントマップ

久米島は周囲を1000m級の深い海で囲まれ、真っ白な砂地が広がる広大なイノー(珊瑚礁)を持っています。

夏には島の北側のポイント(地図の1〜8、23〜27)、冬は南側のポイント(9〜22)を中心に潜ります。 島の北側はドロップオフが10km以上も続くダイナミックな地形、南側はイノーに広がる砂地、リーフ沿いには洞窟や入り組んだ地形、 潮通しの良い外洋ポイントなどがあり、地形・魚種・魚影のあらゆるロケーションが揃っている為、初心者からベテランダイバーまで幅広く楽しめます。

ダイビングポイントが島の周辺に点在しているので移動時間が短く船に弱い方でも比較的安心です。

久米島のダイビングポイントマップ

イマズニ イチュンザ沖 トンバラザシ シチューガマ ウーマガイ ノースライン カスミポイント 灯台下 キンメの根 中の浜沖 中の浜下 ムーチーグー タケンチ ムーチーグーもどき クマノミ城 トンバラ 鳥の口 アーラ1 アーラ2 ヒデンチガマ 小学校沖 飛行場下 北原灯台 ミーフガー 堂崎 シンバル アカ下 イマズニ イチュンザ沖 トンバラザシ シチューガマ ウーマガイ ノースライン カスミポイント 灯台下 キンメの根 中の浜沖 中の浜下 ムーチーグー タケンチ ムーチーグーもどき クマノミ城 トンバラ 鳥の口 アーラ1 アーラ2 ヒデンチガマ 小学校沖 飛行場下 北原灯台 ミーフガー 堂崎 シンバル アカ下

地図かポイント名をクリックするとポイントの説明が表示されます。

1 イマズニ

水深6〜30m

潮通しがよく回遊魚の狙えるポイント。

イソマグロ・ネムリブカ他

2 イチュンザ沖

水深8〜35m

一面珊瑚に覆われた根が連なる。

3 トンバラザシ

水深7〜40m

とても魚影の濃いポイント。地形もダイナミック。

スズメダイ・チョウチョウウオ・ハナゴイなどのカラフルな魚の群れ。

4 シチューガマ

水深5〜30m

ドロップオフと根の壁から上へつながるアーチがある。

リーフの切れ目がクレバスになりそこをいくと洞窟がある。

アカマツカサ・ハタンポ

5 ウーマガイ

水深8〜45m

水深8mから45mまでドロップオフになっている。

珍しい小物も多く、流れは比較的少ない。

6 ノースライン

クレバスがあり地形を楽しめる、珊瑚も多い。

7 カスミポイント

水深10〜45m

根の斜面やドロップオフの壁沿いにカスミチョウチョウウオが群れている。

ダイナミックな景観。

8 灯台下

水深8〜30m

大物回遊魚の遭遇率の高いポイント。

9 キンメの根

水深3〜18m

真っ白な砂地にキンメモドキが群れる根があり、小物探しが楽しめる。

10 中の浜沖

水深2〜12m

根の北側に小さなアーチがあり、美しい。

11 中の浜下

水深1〜7m

はての浜沖合、流れが少ないので体験ダイビングにも良し。

12 ムーチーグー

水深1〜15m

あたり一面砂地のなかに根が6つ。小物探しも楽しめる。

13 タケンチ

水深5〜23m

幾つもの根が立ち並び、根のあいだはクレバスになっている。

珊瑚の上には幼魚も多く地形だけでなくフィッシュウオッチングも楽しめる。

14 ムーチーグーもどき

ムーチーグーに似て、砂地の中に根が点在。

15 クマノミ城

水深3〜4m

名前のとおり根の周囲をイソギンチャクとクマノミが覆っている。

16 トンバラ

水深5〜45m

ダイナミックな地形と数多くの回遊魚が見られるポイント。

17 鳥の口

水深2〜18m

沖縄には少ないゴロタ石があり、マクロ派ダイバーにお勧め。

ハナミノカサゴの幼魚・ヒメサンゴカサゴ・カミソリウオ・オドリハゼ等。

18 アーラ1

水深2〜17m

北風に強いポイント。

水深が浅いので小物探しや、アーチ・クレバスの地形も楽しめる。

19 アーラ2

水深2〜25m

根の間がクレバス・アーチになっている。

サンゴに覆われた根の上をいくと真っ白な砂地が広がり、地形と砂地を両方楽しめる。

20 ヒデンチガマ

海底鍾乳洞。現在入口から約400mまでは確認されている。

珍しいエビ・カニの宝庫で、2011年には新種のヌマエビが発見された。

高度なダイビングスキルが必要なのでめったに行かない。

21 小学校沖

水深10〜45m

ダイナミックなドロップオフの壁。

ウメイロモドキ・ヤマブキスズメダイ・カブラヤテンジクダイ等。

22 飛行場下

水深5〜24m

回遊魚・小物・砂地の魚と多彩なフィッシュウオッチングが楽しめるポイント。

23 北原灯台

水深8〜30m

幾つもの根が沖に向かって連なる。

ナポレオンフィッシュ・イソマグロ。

24 ミーフガー

水深1〜35m

沖に向かって水路が伸びている。

カンムリベラ・オビテンスモドキの幼魚・ハナゴイ・カスミ・イッセンタカサゴ
カメ・コブシメ等。

25 堂崎

水深8〜40m

ドロップオフになっている根が連なり、クレーターのように見える。

イソマグロ・ウシエイが見られダイナミックな地形も楽しめる。

26 シンバル

水深1〜25m

ビーチエントリーもできるポイント。

幼魚も多く見られ、ボートダイビングとはまた違ったダイビングが楽しめる。

ポイント名の由来は楽器ではなく「新原」の読みである。

27 アカ下

水深2〜20m

さまざまな珊瑚に覆われている根がいくつも立ち並ぶ。

リュウキュウキッカサンゴ・パラオハマサンゴ・エダサンゴ・テーブルサンゴ。